• ホーム
  • 重複コンテンツになる場合とチェック方法

重複コンテンツになる場合とチェック方法

重複コンテンツは、同一ドメインを利用するだけではなく内容そのものが重複しているものも対象として処罰される可能性があります。検索エンジンは、重複コンテンツを非常に嫌いますので事前に対策をしておかないと大きな損失を招いてしまいます。

重複コンテンツの確認方法としては、Googleが提供しているサーチコンソールを利用する方法が効果的です。この確認方法は、自分で管理している同一ドメインのものを含めて、WEB上に同一のものが存在しないのかを簡単に確認することができますので、見つけたときの対策も楽に実行できます。

ただ、こういったチェックをしなくても事前に重複コンテンツとしての評価をGoogleに渡さないという方法もあります。これは、nofollowという属性を付けることです。nofollowは、Googleが運営している巡回ロボットであるクローラに、評価を渡さない選択をする非常に便利な属性です。

Googleは、巡回ロボットにWEBをクロールさせて情報を記憶させる作業を行っています。この作業はインデックスと呼ばれていて、このクロールとインデックスの繰り返しで追加的に情報は蓄積されていきます。

例えば、文字数が多いページが検索エンジンから高く評価されるのも、この巡回ロボットに搭載されている評価の判断基準に文字数に関連する項目が存在するからに他なりません。サイトを運営しているユーザーは、このクローラに対して情報の制御を行う必要がありますので、SEO対策の結果もこのクローラが受け取ることになります。

言い換えると、ユーザー側から意図的にnofollowの属性を付けておけば、検索エンジンに良くない情報を渡すことを回避できます。こういった、評価を渡さないという手法が非常に大切になるのがサイトを引越しするときです。

何らかの都合でサイトを引越しするときには、引越し先の同内容のページと現在使っているサイトのコンテンツが被らないように情報を削除していかなくてはいけません。この場合、リンク切れなどが発生しないように対策を施しながら、評価を渡さない属性を付けておくことで検索エンジンへの悪評を回避できるようになります。

基本的に、ドメインの情報はそのまま蓄積されますのでページごとの悪評を回避できれば、ドメインのSEOとしての強さはそのまま残ります。このように、重複コンテンツを考慮した事前の対策が非常に重要なことがわかります。