• ホーム
  • 中古ドメインと新規ドメインの比較

中古ドメインと新規ドメインの比較

パソコンを使っている女性

新規ドメインと中古ドメインでは、中古ドメインのほうがSEO効果が高いメリットが存在します。
これに関しては、客観的な根拠が存在しますので理解しておくことが大切です。
そもそも中古ドメインって何?という方向けに、中古ドメインの分かりやすい説明を以下に引用しました。

中古ドメインとは過去に運用されていたドメインのことですが、当店では「SEO対策に効果のあるドメイン」のことを言います。 人気レストランが入っていた跡地に新たに店舗をオープンしたら、話題になりやすいことと同じで、WEBにおける中古ドメインも検索エンジン最適化に効果を発揮します。

引用元:アクセス中古ドメイン | SEOに最適な中古ドメイン販売

元々、検索エンジンはドメインエイジというものを重要視しています。
これは、簡単に述べるとドメインの年齢です。

検索エンジンは、WEB上に存在しているメインサイトのドメインの利用履歴が長ければ長いほど、高い評価を与えるという側面があります。
言い換えると、特別なSEO対策をしていなくてもドメインエイジが長期であるほど単純にSEO効果は高くなるメリットが存在します。

本来、新規ドメインと比較するとサービスとして消耗度の大きい中古のほうが品質が落ちてしまうデメリットがあります。
しかし、WEBの世界ではこの解釈は全く逆で、古いものほどより高い効果が存在するように設定されています。
そのため、なるべく高いSEO効果を期待するのならば中古ドメインを利用したほうが良いことがわかります。

実際にはとても使い勝手が良いので様々な場面で利用できます。
バックリンクの面から述べると、サテライトサイトに有効活用できます。
メインサイトに中古ドメインを利用しなくても、サテライトサイトに中古ドメインを利用すればバックリンクの効果で相対的にメインサイトの評価が向上します。

ただ、こういった便利な中古ドメインにも2つだけデメリットが存在することを知っておかなくてはいけません。
まず、費用が高くなってしまう可能性があることです。
中古ドメインがSEO効果が高いことは有名なので、ユーザーからの需要も非常に大きい傾向があります。
そのため、効果が高い中古ドメインについてはそれだけで数十万円以上に費用が必要になることがあります。

また、購入した中古ドメインが本当に有効活用できるかどうかも確認しなくてはいけません。
こういったサービスを提供している業者の中には、既にドメインとして利用することができなくなっているものを提供しているところもあります。
当然ですが、この場合購入する時に保証が存在しないとそのままお金を無駄になくしてしまうことになります。

現実的にも、このようなサービスを使うときには事前に本当にドメインが生きているのかを確認することが必須です。
同じように見えても、それぞれのサービスではドメインエイジも異なるので効果に違いが存在します。
効果が高いのは事実ですが、それに見合った準備と対策も必要ですので、この点を理解して効率的に使うことが好ましいです。